オイル交換


 前回交換から3,000kmほど走行したのでオイルを交換した。オイルフィルターも交換している。


 BOLTを買ったときにUNITのスイングアップリフトスタンドを購入いて使っていたが、あまり使いやすくないため、デイトナのアメリカン用メンテナンススタンドを買ってみた。


 バイクの下に入れて90°倒すだけなので操作は簡単。


 BOLTの場合、4段階で調整できる高さは一番下でいいようだ。


 ステップのステーが削れている。どうも、白糸ハイランドウェイのコーナリング中のギャップで沈み込んだときに当たったようだ。後で防錆処置をしておいた。

カテゴリー: BOLT, バイク用品, メンテナンス | オイル交換 はコメントを受け付けていません。

LEDヘッドライトバルブ


 アマゾンで安いLEDバルブが売っていたので購入してみた。


 取付けは簡単。ゴムブーツも加工なしに再装着できた。


 前から見たところ。


 ノーマルの配光。上がハイビームで、下がロービーム。


 LEDバルブの配光。パターンは悪くないけど、全体に少し狭いようだ。また、ロービームは明るさにムラがある。「ハロゲンより明るい」というレビューもあったけど、走ってみたら支障を来すほどではないが明らかに少し暗い。


 元に戻すのもつまらないので、ハロゲンで明るそうなものを購入。ロービームが80Wになっている。


 ガラス管も太い。取付けには支障はなかった。


 配光はノーマルとほぼ同じ。走ってみた感じでは、ロービームは少し明るくなったようだ。

【5月22日追記】
 80Wロービームハロゲンは4,000kmほどで切れてしまった。寿命が短いか、バイクの振動に対応していないのかもしれない。とりあえず、2個目を使用中。

カテゴリー: BOLT, パーツ | LEDヘッドライトバルブ はコメントを受け付けていません。

御岳山


 Webマップ版はこちら

  日時:2019年4月28日
  距離:347.5km
  時間:10時間9分
距離と時間はGPSデータによる。

 ツーリングでは3回給油。
  1回目:走行106km、給油4.11L(¥641)、燃費25.8km/L [青海のENEOS]
  2回目:走行133km、給油4.33L(¥714)、燃費30.7km/L [塩山のKYGNUS]
  3回目:走行173km、給油5.64L(¥896)、燃費30.7km/L [近くのENEOS]
詳細はこちら

続きを読む

カテゴリー: WR250R, ツーリング, 燃費 | 御岳山 はコメントを受け付けていません。

志賀高原


 Webマップ版はこちら(全体1日目2日目3日目)。

 【1日目】
  距離:640.2km
  時間:14時間28分
 【2日目】
  距離:390.2km
  時間:11時間47分
 【3日目】
  距離:232.7km
  時間:4時間44分

 ツーリングでは6回給油。
  1回目:走行215km、給油8.52L(¥1,312)、燃費25.2km/L [嬬恋のENEOS]
  2回目:走行218km、給油8.62L(¥1,319)、燃費25.3km/L [諏訪の出光]
  3回目:走行205km、給油7.78L(¥1,066)、燃費26.3km/L [浜松のコスモ]
  4回目:走行203km、給油8.29L(¥1,291)、燃費24.5km/L [浜松のSHELL]
  5回目:走行252km、給油10.92L(¥1,758)、燃費23.1km/L [富士川SAのENEOS]
  6回目:走行168km、給油6.66L(¥952)、燃費25.2km/L [近くのSHELL]
 詳細はこちら

続きを読む

カテゴリー: BOLT, ツーリング, 燃費 | 志賀高原 はコメントを受け付けていません。

会津


Webマップ版はこちら

1日目:2019年4月6日
  距離:508.0km
  時間:12時間56分
2日目:2019年4月7日
  距離:315.5km
  時間: 5時間50分
距離と時間はGPSデータによる。

 ツーリングでは4回給油。
  1回目:走行247km、給油9.93L(¥1,529)、燃費24.9km/L [安積PAのENEOS]
  2回目:走行258km、給油11.27L(¥1,645)、燃費22.9km/L [須賀川のENEOS]
  3回目:走行168km、給油6.70L(¥938)、燃費25.1km/L [今市のENEOS]
  4回目:走行82km、給油3.72L(¥517)、燃費25.2km/L [近くのSHELL]
詳細はこちら
続きを読む

カテゴリー: BOLT, ツーリング, 燃費 | 会津 はコメントを受け付けていません。

月崎


Webマップ版はこちら

  日時:2019年3月31日
  距離:249.2km(フェリー区間12.4kmを含む)
  時間:7時間40分
  距離と時間はGPSデータによる。 

 近くのSHELLで給油。走行238km、給油9.81L(¥1,364)、燃費24.3km/Lだった。詳細はこちら

続きを読む

カテゴリー: BOLT, ツーリング, 燃費 | 月崎 はコメントを受け付けていません。

館山


 Webマップ版はこちら
  日時:2019年3月24日
  距離:273,7km(フェリー区間18.4kmを含む)
  時間:9時間7分
距離と時間はGPSデータによる。

 ツーリングでは2回給油。
  1回目:走行173km、給油6.47L(¥1,009)、燃費26.7km/L [小湊のENEOS]
  2回目:走行157km、給油5.55L(¥827)、燃費28.3km/L [近くのSHELL]
詳細はこちら

続きを読む

カテゴリー: WR250R, ツーリング | 館山 はコメントを受け付けていません。

ROUGH & ROAD HBシートバッグとCaiman レザーグローブ


 ツーリング用にボルトに似合いそうなシートバッグを購入。R&RのHBシートバッグにしてみた。ショルダーベルトと取付用バンジーコード、写真には写っていないがレインカバーが付属している。


 12Lなので日帰りから1泊程度の容量かな。


 取付けは付属のバンジーコードではなく、とくしま林道ナビ カップラーメンミーティングのときのミッキー女史を真似して、タープ用のテンション・コードを使っている。ただし、林道でユサユサと揺れながらも落ちない、絶妙なバランスは真似できていない。


 最近はオフロード用しか持っていないので、アマゾンで安い革グローブを購入。バイク専用ではなさそうで、指の付け根縫い目があったりするが、革自体は非常に柔らかくてよい。長時間使っても問題なかった。

カテゴリー: バイク用品 | ROUGH & ROAD HBシートバッグとCaiman レザーグローブ はコメントを受け付けていません。

定峰峠


 Webマップ版はこちら

[1日目] 2019年3月9日
 距離:341.6km
 時間:11時間9分
[2日目] 2019年3月10日
 距離:167.5km
 時間:4時間18分
(距離と時間はGPSデータによる。)

 ツーリングでは3回給油。
  1回目:走行201km、給油9.50L(¥1,349)、燃費21.2km/L [秩父のコスモ]
  2回目:走行204km、給油8.41L(¥1,194)、燃費24.3km/L [富士市のENEOS]
  3回目:走行170km、給油7.72L(¥975)、燃費22.0km/L [池上のSHELL]
詳細はこちら

続きを読む

カテゴリー: BOLT, ツーリング, 燃費 | 2件のコメント

エンジンオイル交換


 神戸からの移動などで700km弱走行したので、エンジンオイルの初回交換。オイルフィルターも交換している。


 今時のバイクにしては珍しくオイル窓がなく、レベルゲージでチェックするようになっている。

カテゴリー: BOLT, メンテナンス | エンジンオイル交換 はコメントを受け付けていません。

GPSデータロガー


 WR250Rでは現在位置を確認するGarminでGPSのログも記録しているが、BOLTではスマートフォンのナビアプリを使うつもりなので、軌跡の記録用にGPSロガーを購入した。買ったのはCANMORE社のGT-730FLというタイプで、AmazonでGPSロガーを検索するとたくさん出てくる。詳細は秋月電子のホームページに掲載されている。


 最近のGarminはUSBメモリのように扱えるが、このロガーはシリアル通信タイプなので、付属CDのドライバをセットアップする必要がある。また、記録間隔の設定やログの読み込みは専用アプリを使う。ログのポイント数は256000なので、初期設定の5秒間隔だと14日ぐらい記録できる計算になる。バイクだと距離毎の設定の方がよいかもしれないので、10m毎を試してみることにした。この設定値だと2,560km記録できることになる。


 ハンドルにベルクロテープで巻き付ける。USBで給電しながら使える。バッテリも内蔵しており、12時間程度は持つようだ。


 スマホのホルダは各種販売されているが、実績の多そうなRAMマウントのX-グリップホルダにしてみた。付属のゴムバンドのようなものは使っていないが、ダートでも走らない限り問題なさそうだった。

カテゴリー: BOLT, PC・電子機器 | GPSデータロガー はコメントを受け付けていません。

サドルバッグ装着


 ボルトは荷物の搭載性があまりよくないので、サドルバッグを付けることにした。その前に、バッグに隠れてしまうヘルメットホルダを移設する。ヘルメットホルダは鍵を開けてトルクスねじを緩めると取り外せる。


 キジマのステーを用いてサスペンションの前に移設。シートレールをいったん外して、タンデムステップのステーと共締めにする。二人乗りも可能だが、くるぶしのところにヘルメットホルダが当たるので、ブーツなどを履いた方がよいだろう。


 デイトナのボルト専用サイドバッグサポートの左側を取り付け。R-Specに取り付ける際はスペーサが必要だが、後ろ側はバックレストを付けているので必要なかった。


 サスペンションとの隙間はこんな感じ。


 デイトナの12Lサイドバッグを取り付け。小型だが、工具とパンク修理道具、レインスーツ程度は入る。こちらは普段から付けておく予定。


 後ろから見たところ。


 右側のステーも装着。


 マフラー側用9Lのバッグも購入しているが、ロングツーリングの時だけ取り付けるつもり。

カテゴリー: BOLT, バイク用品 | サドルバッグ装着 はコメントを受け付けていません。