Touratech サイドバッグエンデュランス クリック & GIVI TREKKER DOLOMITI DLM30A モノキーケース


 サイドバッグ用のステーを取付けて、これに合うサイドバッグを検討した結果、Touratech のクリックという防水サイドバッグにした。買ったのは日本のツアラテック。


 容量は片側約28Lとのことで、テント・クッカー・バーナー・ボンベ・テーブル等々は入る。


 取付けは下側のフックを引っかけて…


 ベルトを引っ張りながら上のフックをステーにかける。


 ベルトを戻すとフックが下がって外れ止めになる


 ツーリングだとボックスが便利だが、普通のタイプをWRに取付けると乗車時に足が当たって乗りにくい。できるだけ高さの低いものということで、GIVI TREKKER DOLOMITI DLM30Aを購入。上部にはオプションのナイロンラックを取付けている。GIVI TREKKER OUTBACK 58は黒にしたが、直射日光が当たると熱くなっていたので、今回はシルバーにしてみた。なお、リアボックスはいつものFC-MOTOではなく、Motostormで購入した。Motostormはイタリアなので、GIVI製品が充実している。対応は早かったかが、ミスによる発送取消しがあったりして、なかなかイタリアンな感じ。


 モノキーベースはキャリアにE251を装着している。


 サイドバッグとボックスを装着したところ。合計で86Lの容量になり、さらにシートの上にも少し積めるので、ロングツーリングやキャンプツーリングでも十分だろう。


 ボックスの内部。GIVI TREKKER OUTBACK 58 で便利だったので、フタの裏にネットを取付けている。


 後ろから見たところ。それなりに幅はある。ボックスにはハンドルも取付けている。ハンドルもナイロンラックも取付けにはドリルによる穴開け加工が必要だった。また、セイムキーセットでツールボックスと鍵を統一している。

カテゴリー: WR250R, バイク用品 | 2件のコメント

ZETA アジャスタブルロワーリングリンク


 久しぶりにリアサスの分解整備をしていたら、ローワーリンクのニードルベアリング保持器が劣化して、ニードルがバラバラになってしまった。ニードルをグリスで保持しながら組み立てれば使えるけど、この際交換することにした。


 ベアリングの交換が面倒だなと物色していたら、ZETAにローダウン量可変のリンクが売っていたで購入した。


 ローワーリンク、可変用アタッチメント、オイルシールがセットになっている。


 アタッチメントの固定位置でリンクのピッチ間寸法(ローダウン量)を設定する。WR250R用の場合リンクの移動距離が+3~-15mmになるようだ。


 とりあえず4位置(-7mm)にセットして組立。シートはあまり下がった感じではないが、下げるのが目的ではなかったので、このまましばらく使ってみよう。

カテゴリー: WR250R, パーツ | 2件のコメント

MRA エクスクリーン スポーツ スモーク ユニバーサル


 WR250Rで高速道路を使うツーリングではZETA アドベンチャー ウィンドシールドを装着しているが、高い方でもスクリーン上端がアゴの辺りで、普通の姿勢だと額ぐらいに風が当たるようだ。もう少し高くできないかと考え、MRA エクスクリーン スポーツ スモーク ユニバーサルを買ってみた。


 ウインドシールドの高い方は幅が狭くエクスクリーンは装着できなかった。反対側の低い方には装着可能で、一番長くすると高い方に比べても2~3cm上になる。この状態で高速道路を走行すると、顔には風が当たらないが、乱流がヘルメットの周囲を通るので、風切り音がすごく大きかった。


 ウインドシールドを固定している部分をアルミのアングルで上に34mm(ネジの穴ピッチ分)高くしてみた。


 エクスクリーンもクランプ式ではなく、穴をあけてきっちり取付け。ただし、高さは少し低くなる。走行してみたら、風切り音はかなり小さくなり、風も当たらなくなった。アングルのステーはちょっと頼りないが、100km/h程度では問題なさそうだ。


 林道などで路面を見にくい場合は、レバーでスクリーンを下げるといいだろう。

カテゴリー: WR250R, パーツ | 2件のコメント

Gp Kompozit WR 250R Compatible Side Bag Iron


 東京からだと日帰りで行ける林道が限られるし、夕方になると帰路の渋滞もあるので、最近は泊まりがけのツーリングが多い。シートやキャリアにたくさんにもつを積むと重心が上がって扱いにくくなるので、サイドバッグを両側に付けるためのステーを物色していたら、米国アマゾンで比較的安価でよさそうなものを見つけたので注文した。
 Gp KompozitというメーカーのWR 250R Compatible Side Bag Ironというもので、トルコ製のようだ。米国アマゾンで購入したが、発送はイスタンブールからだった。写真と形状がちょっと違う部分もあるが、まあ、こんなものだろう。


 左側下部はタンデムステップのところにネジ止め。


 左側上部はヘルメットホルダ/純正キャリアの取付ネジを使う。純正キャリアとの併用はできなくなる。


 右側下部もタンデムステップ。


 上部はキャリアを取り付けているネジを使う。なお、ヨシムラマフラーは干渉して付かなかったので、オークションで買ったノーマルマフラーにした。FMFは試していないが、取り付きそうに思う。


 左右を連結するバーはフレームの穴(軽量化のための?)をちょっと強引に使う。


 幅は左右均等かな。左側に大きなスペースができてしまう。


 このスペースを活用するため、GIVIのツールボックスを物色していたら、メルカリにステーとのセットが出品されていたので購入した。ステーはGIVIのパニアステー用でサイズが合わなかったので、ボックス取付け部以外をカットし、穴をあけてボルトでステーに固定した。


 内側から見たところ。鍵はOUTBACKと同じタイプを使う。セイムキーセットを買ってきて交換すれば、共通化できる。


 巻型のツールケースだと入らないので、サイズの合うペンケースに工具を入れる。タイヤレバーはDRCとキジマのショートサイズ。携帯スタンドはデイトナ製を分解すれば入る。


 タイヤレバー以下はペンケースに入れずそのままボックスに押し込む。

 予備チューブまで入ればベストなのだが、さすがにサイズ的に無理だった。空気入れやチューブなどはタンクバッグに入れることにしよう。

カテゴリー: WR250R, パーツ | 2件のコメント

JNS Engineering WR250R & WR250X DOT LED Headlight Kit


 海外に注文していたヘッドライトユニットが届いた。購入したのはJNS EngineeringWR250R用LEDライトユニット


 ユニットはアメリカ製(ランプ本体は中華かな?)で、海外用ヘッドライトカウル(ボディ)に取付ける。日本のオークションでは、国内向けカウル用に同じようなコンセプトの部品が出品されているようだ。取付けの際、ゴムブッシュと調整部のスプリングは純正部品を流用する。ランプ本体は4.5インチのユニットを使っているようだ。


 すんなりと取付け。4つのLEDユニットが内蔵されている。


 ロービームでは3つのユニットが点灯する。


 ハイビームでは4つ全部点灯。


 ノーマルのロービーム。


 ノーマルのハイビーム。


 LEDユニットのロービーム。


 ハイビームを点灯すると真ん中のスポット部分が追加になる。

 夜の市街地を走ってみたが、ロービームはムラはあるものの、まずまずの明るさ。ハイビームはあまり明るくない。ただし、ロービームと同時点灯なのはよいと思う。海外サイトをみても、4.5インチのLEDユニットはフォグライトが多くて、ヘッドライトは見かけない。そのうちいいものが見つかったら、換装して遊んでみよう。

カテゴリー: WR250R, パーツ | 2件のコメント

Kriega US-5ドライバッグ & コミネ 3Dエアメッシュシートカバー


 WR250RはIMSの樹脂タンクにして、タンクキャップも満タン時の漏れ防止のためホース付を使っている。このため、タンクバッグを付けにくくなっているのだが、Kriegaのコンバーターを使えば小型のドライバッグが装着できそうなので、併せて買ってみた。


 まず、タンクの上にTANK US-ドライパック・コンバーターを取付ける。


 通常のオンロード車とは逆に、前側をベルクロテープで留める。


 後側はフレームにループベルトで取付け。


 バッグは台座に金具を引っかける。ドライバッグなので、予備のグローブ、モバイルバッテリ、よく使う薬・バンドエイドなどを入れておける。最近だとマスクも常備かな。US-5と一番小さいバッグなので、あまり容量はないが、邪魔にもならないので付けっぱなしでいいかな。また、直射日光が樹脂タンクに当たりにくくなることも期待している。


 バックルが内股に当たって気になるので、鞄の持ち手用革カバーを巻いてみた。


 ついでに以前に入手していたゲルシートをシートの大きさに切断。断面がベトベトするので、全体を耐水テープで処理してみた。


 その上にコミネの3Dエアメッシュシートカバー(サイズはスリム)を装着。買ってから気がついたのだが、コミネには2相式のメッシュカバーもあるので、ゲルを入れることが前提なら、こちらの方がよいかもしれない。

 ちょっと座ってみただけだが、メッシュカバーだけの方が乗りやすくて、尻痛に効果がありそう。まあ、せっかくなので、しばらくの間はゲルシートとの併用を試してみよう。

カテゴリー: WR250R, バイク用品 | 2件のコメント

BATTLAX ADVENTURECROSS AX41


 約9,500km走行したリアタイヤ。高速道路を走ることが多いので真ん中が減っている。


 フロントタイヤも限界かな。


 ややこしい林道には行かないし、林道に行くまでに高速道路を使うので、純正装着のTW301/TW302よりもオンロード寄りで、IRCのGP-210にでもしようかなとWEBを物色。最近、BSの重量級アドベンチャー用ADVENTURECROSS AX41に250ccクラス用のサイズが発売されていたみたいなので、少し高かったが購入してみた。


 リヤは最近発売された4.60-18にした。大きめのブロックが広めの間隔で配置されている。


 フロントも新サイズの3.00-21。間隔は広めで、ブロックの大きさは普通かな。ブリジストンの林道タイヤの中では、TW301/TW302と同じレベルになっている。


 固く締まった砂浜と林道を少しだけ走ってみた。空気圧は普段の調整値でフロント125kPa、リア150kPa(標準は175kPa)にしたところ、ゴムそのものかサイドウォールかわからないが、特にリアが固い感じ。リアを125kPaまで落とすと固さが少しとれたように思う。フルフェイスをかぶっていたこともあるが、舗装路の走行音は気にならなかった。また、舗装路のコーナーなどでも安定していた。

 価格はTW301/TW302より高いので、耐久性もその分よければ、ロングツーリングに適したタイヤになりそうだ。

カテゴリー: WR250R, パーツ | BATTLAX ADVENTURECROSS AX41 はコメントを受け付けていません

中津川


 Webマップ版はこちら

1日目:4月23日
 距離:422.6km
 時間:13時間4分
2日目:4月24日
 距離:314.5km
 時間:10時間39分
3日目:4月25日
 距離:237.9km
 時間:4時間35分
距離と時間はGPSデータによる。

続きを読む

カテゴリー: WR250R, ツーリング | 2件のコメント

SCOTT PRIMAL ENDURO GOGGLE & PRIMAL/SPLIT OTG SAFARI FACEMASK


 今まで新品で入手できるゴーグル・フェイスマスクはSCOTT 83X SAFARI FACEMASK GOGGLEだけだったが、SCOTTのサイトやFC-MOTOに新しいフェイスマスクが出ていたので購入した。買ったのはPRIMAL ENDURO GOGGLEPRIMAL/SPLIT OTG SAFARI FACEMASKで、ゴーグルはRecoilに代わる眼鏡非対応の普及モデルかな。また、フェイスマスクは名前の通りPRIMALシリーズとSPLIT OTGの両方に対応するようだ。なお、PRIMALゴーグルのレンズは83/87/89/RecoilではなくSPLIT OTGと共通になっている。


 フェイスマスクは今までも売っていたハーフマスクを下に伸ばしたような形。


 ゴーグルとは爪7ヶ所で接続する。


 ゴーグルはそれほど大きくないので、ヘルメットとは干渉しない。


 所有しているフェイスマスクとの比較。昔のものほどかっこよくないけど、新品が手に入るのはありがたいことだ。

カテゴリー: バイク用品 | 3件のコメント

リアブレーキパッド交換


 30,000km弱走行してリアのブレーキを点検したら、パッドが摩耗しているように見えた。フロントはまだ十分残っていた。


 純正のパッドとシムおよびサポートを準備。


 スライドピン2本のねじを緩めて抜けば、キャリパ本体を外してブレーキパッドにアクセスできる。


 外したパッドはあと1mmほどしか残っていなかった。ボルトなどのクルーザータイプはリア主体でブレーキをかけるが、ツーリングがメインなので30,000kmほど持ったのだろう。


 暖気がてらブレーキの慣らしをして、帰ってきてからオイル交換。今回はオイルフィルターやドレンプラグなども交換している。

カテゴリー: BOLT, メンテナンス | 4件のコメント

SHOEI CNS-2 PINLOCK フォトクロミックシールド


 冬にWRやBOLTに乗るときに使っているHORNET ADVフォトクロミックシールドが発売されていたので、かなり高価だけど物は試しに買ってみた。


 開封して装着した状態。装着自体はコインすら不要で簡単。室内なのでほぼ透明かな。


 濃くなるのは割と早いが、トンネルに入ってもすぐには透明にならない。アクアラインを通ってみたが、1分ぐらいでライトスモーク程度に変化し、照明のあるトンネルなら問題ないぐらいになる。ただし、透明にはなかなかならないようだ。寒いほうが濃くなり、退色に時間がかかるとのこと。


 日光(正確には紫外線)に当たっていると、ダークスモークのように濃くなる。色はすこし赤っぽい感じ。冬の時期は太陽が低いこともあり、方向によっては片側だけ濃くなる。また、HORNET ADVのようにバイザーがあると、日航の当たらないところが薄くなるので、慣れないと違和感があるかもしれない。

カテゴリー: バイク用品 | 2件のコメント

KOMINE ヒーティングシートパッド


 KOMINEから汎用のシートヒーターが発売されているので、試しに取り寄せてみた。


 電熱シリーズ共通のバッテリー接続ケーブルが付属していた。ボルトには電源サブハーネスキットを付けているので、付属のケーブルの端子をカットし、サブハーネスのコネクタに接続した。


 シートにはマジックテープ付きのベルトで固定する。BOLTのようなクルーザーでは、お尻を落とすような体重移動しないから、ズレることはなさそうだ。


 気温5~7℃ぐらいのときに使ってみた。強・中・弱の3段階に調整できる。タイツなどを使わずワイルドファイヤジーンズだけだと、首都高速では強だと熱すぎで、中か弱で十分だった。下道では中でも熱い感じ。ヒートテックタイツやダウンインナーパンツをはいたときは、もっと強くしてもよいかもしれない。

 潮岬ツーリングで大型貼るカイロが効果的だったので、カイロをたくさん貼った上に、見た目を気にせずハンドルカバーを併用すれば、接続が面倒な電熱ジャケットやグローブは使わなくてもよさそうだ。

カテゴリー: バイク用品 | 2件のコメント