リアブレーキパッド交換

DSC01024.jpg
 2りんかんのセールのときに買っておいたリアのブレーキパッド。今、使っているのと同じで、デイトナで一番安いハイパーパッドにした。
DSC01013.jpg
 パッドはかなり減っている。作業はじめにピストン廻りをブレーキクリーナで洗浄しておく。
DSC01038.jpg
 キャリパのプラスティックガードを外す。パッドはピストン横のピン2本で支えられている。
DSC01045.jpg
 正しいかどうかは知らないが、あらかじめピストンを押し込んでおく。こうしておくと、パッドの取外しと取付けが楽になる。
DSC01039.jpg
 ピン2本を抜くとパッドが外れる。外したパッドは使用限度の少し手前かな。
DSC01040.jpg
 パッドの裏にはシリコングリスを薄く塗っておく。サービスマニュアルでもシリコングリス塗布になっている。
DSC01041.jpg
 パッドを前上方向に押しつけながら、前側のピンを入れる。ピンは掃除した後、シリコングリスを薄く塗ってある。
DSC01042.jpg
 バネが効いているので、パッドの後ろ側を上に押しつけながら、後ろ側のピンを差し込む。この後、レンチで本締めしておく。
DSC01037.jpg
 ガードを取り付ける。ネジのところにブッシュが入っているので、落とさないように注意する。
DSC01046.jpg
 ポンピングを忘れると、後で慌てることになる。
 前回交換は約15,500km、今は約25,000kmなので、約9,500kmほど走行したことになる。今回は少し長持ちしたようだ。ただし、フロントはまだ1回も交換していないのに、リアは3回目の交換だ。

カテゴリー: Tricker, メンテナンス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です