バッテリー、エアクリーナ交換


 年末に神戸に帰っていた際、特に冷えたときにセルの回りが弱い感じがした。新車から4年5万kmほどになるし、そろそろ寿命かもしれないので交換することにした。日本ユアサは高価なので、台湾ユアサにしてみた。セローやWRで使ったリチウムイオンバッテリーも考えたが、かなり高価だしBOLTのように重い車でトラブると持て余すので、信頼性重視で電解液式にした。
 また、エアクリーナも2万kmで1回交換したままになったので、これも交換する。


 密閉式だが電解液は別になっている。


 電解液のキャップを外して、バッテリー本体へ注入。


 外したキャップをバッテリーに取り付けて完了。


 バッテリーは左サイドカバーからアクセスできるが、マイナス端子や固定ベルトはシートを外さないと作業できない。


 外したバッテリーとの比較。


 エアクリーナはボルト4本を緩めてカバーを外すだけなので簡単。約3万kmほど使用したが、それなりに汚れていた。

カテゴリー: BOLT, メンテナンス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です