NISHIMOTO NEWパワースタンドII


 CT125はサイドスタンドが短く、荷物が多いときなど安定しないので、カブ用のスタンドを取り付けるのが定番になっている。あまりたくさん荷物を積むことはないが、西本のパワースタンドⅡを購入してみた。西本工業のサイドスタンドはスペイシー100でも使っていた。CT125用ではないので、付属のボルト類は使用しない。


 サイドスタンドのベースはM10ボルトで取り付けるようになっているが、CT125のタンデムステップはM8なので、内径8、外径10のスペーサを入れる。スペーサーの長さは10mmでサイドスタンドのベースは厚さ8mmなので、適当にM10用ワッシャを入れて調整する。


 取り付けたところ。ボルトには念のためネジロックを塗布しておいた。


 ノーマルに比べヘビーデューティな感じ。なお、ノーマルのサイドスタンドにはプレートを取り付けている。


 ノーマルの傾き。傾きよりも長さが短いので不安定になるようだ。


 パワースタンドⅡの傾き。ノーマルよりわずかに寝るようだ。リーチも長くて安定しているが、またがったままスタンドをはらうのはやりにくいので、あくまでもサブとしての使用になるだろう。

カテゴリー: CT125, パーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。