チェーン・スプロケット交換


 110コマとF:13T-R47Tの場合、スイングアームとのクリアランスが小さいので、チェーンを112コマにした。スプロケットも48Tにしてみる。ステンズの48Tが在庫切れだったので、YZ250Fのスプロケットを注文したが、鉄ではなくサンスターのアルミ製だった。後で調べたらYZ125の方が価格が安かったので、こちらは鉄かもしれない。


 ともかく交換。サンスター製だけど市販品とは形状が異なりおとなしい感じ。


 前の組合せから10mmほど後ろに行くので、クリアランスも大きくなった。


 スピードヒーラーの設定も変更。


 スプロケットでは10%ほどローギアードだがタイヤ径が大きいので、全体としては6%程度低くなるだけ。

カテゴリー: WR250R, パーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です