スロットルワイヤの調整


 ハンドルを交換したときに、ZETAのアルミニウムスロットルチューブのハイスピードにしたら、スロットルワイヤの遊びが大きくなった。スロットルのところのアジャスタでは調整しきれなかったので、インジェクションのスロットルボディ側で調整。


 反対から見たところ。タンクを持ち上げないと調整できない。タンクを外すためには、シート、サイドカバー、シュラウドを外さなければならないので、けっこう手間がかかる。左側のロックナットを緩めてブラケットの下に付いているナットを調整して遊びを詰める。


 購入を申し込んでいた amazon echo が到着。音声認識はちゃんとするようだ。使い方はわかるが使い道が思いつかないので、休日限定の高級目覚まし時計になっている。(平日は普通のスヌーズ機能付き目覚まし時計を使うので…。)

カテゴリー: WR250R, メンテナンス, 携帯・PC・デジカメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です