川上村


 Google Map版はこちら
 
  日時:2017年9月9日
  距離:590.6km
  時間:16時間52分
 距離と時間はGPSデータによる。

 この日はは4回給油。
  1回目:走行180km、給油5.30L(¥800)、燃費34.0km/L [上里SAのエネフリ]
  2回目:走行172km、給油5.95L(¥868)、燃費28.9km/L [南牧のENEOS]
  3回目:走行146km、給油4.67L(¥682)、燃費31.3km/L [大月のKIGNUS]
  4回目:走行172km、給油5.34L(¥736)、燃費32.2km/L [近くのENEOS]
 詳細はこちら

(1)上里SA

 朝5時過ぎに出発。首都高横羽線→都心環状線→池袋線→外環道→関越道を通り、上里SAで給油と休憩。

(2)御荷鉾スーパー林道入口

 藤岡Jct.から上信越道に入り、製糸場が有名な富岡ICで高速を下りる。県道46を南へ進み御荷鉾スーパー林道へ。


 スーパー林道らしく道幅が広くフラットで走りやすい。


 途中の八倉峠からは舗装になる。


 舗装区間は展望がすばらしい。途中に展望台もある。

(3)塩之沢峠

 塩之沢峠を過ぎて少し進むと再びダートになる。


 この区間は路面は良好だが、道幅は少し狭くなる。


 林道の終点。


 終点近くには大仁田ダムがある。

(4)道の駅オアシスなんもく

 県道45を北上して、道の駅オアシスなんもくで休憩。


 かなり早めの昼食。食べていたら、バイクがたくさん入ってきた。この辺りはツーリングのバイクが多いようだ。

(5)ぶどう峠

 県道45→国道299→県道124でぶどう峠へ。展望はまずまず。

(6)茂来林道

 県道124をさらに進み、白岩集落付近から茂来林道へ。


 写真の辺りからダートになるが、国土地理院地図に載っていないので、道を間違えたかと思った。


 路面はフラットだが草が多かった。

(7)茂来林道その2

 いったん舗装路になり、道なりではなく右折して林道に入る。


 信濃沢林道との交差点の標識を見ると、ここも茂来林道のようだ。


 信濃沢林道にも入ってみるが、途中で通行止め。この辺りはキノコが生えるらしい。

(8)川上牧丘林道

 県道421→国道141と進み、小海で給油後、国道141→県道68→川上牧丘林道へ。しばらく舗装路を進むと、ダートになる。


 路面は掘れていないが石がごろごろしている。写真のところはかなりマシな方。


 走り応えのある林道を上ると、標高2360mの大弛峠に到着する。登山客がたむろしていた。峠から南は舗装路。

(9)東山中部林道

 川上牧丘林道を下り、県道になる辺りから東山中部林道へ。工事予告の看板はあるが工事はしていなかった。


 最初は舗装工事前のようで平らに整地されていたが、途中からかなり掘れているところがあった。最後は再びフラット。


 獣よけのゲートで終点。

(10)道の駅花かげの郷まきおか

 県道266に戻り、国道140に入ったところにある道の駅花かげの郷まきおかで休憩。

(11)大菩薩峠登山口

 広域農道(塩山フルーツライン)から中央道に進むつもりが、途中で気が変わって、国道411→県道210へ。大菩薩峠に行こうと思ったが、途中から登山道になってきたので撤退。

(12)三国峠

 県道218→国道20と進み、大月ICから中央道に入ろうと思ったが、相模湖付近で渋滞中だったので、富士山の方へ進み、山中湖ICから国道138→県道739→国道413→県道730を通って三国峠へ。三国峠の手前は、かなり暗くなってきたが、なかなかよい雰囲気の道路。

(13)戸塚PA

 県道147→国道246と進み、大井松田ICから東名高速に入ろうとしたが、こちらも渋滞中だったので、国道255→県道72→西湘バイパス→新湘南バイパス→国道1→横浜新道へ。料金所の手前の戸塚PAで休憩。


 ラーメンを食べた後、横浜新道→首都高狩場線→横羽線などを通って…


 洗車と給油をしてから帰宅。

 装備は上がジオラインシャツ、MXジャージにR&Rのゴアテックスジャケット、下がジオラインタイツにリージョンパンツ。グローブは朝夕がJRPの革メッシュで、日中はSHIFTのMX用。ブーツは修理のできたED-Pro。T-REXソールのグリップはまずまずだが、標準のブロックソールよりも硬くてMXソールに近い感じ。歩き回るのは苦手だが、林道を走行するにはいいと思う。

 久しぶりに土曜日の天気がよさそうなので、少し遠出をしてみた。御荷鉾スーパー林道と川上牧丘林道は走り答モアってなかなかよい感じ。ツーリングのバイクはたくさん見かけたし、大弛峠の手前では何台かオフロードバイクとすれ違った。

カテゴリー: WR250R, ツーリング, 燃費 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です