秩父


 Google Map版はこちら

 この日はは2回給油。
  1回目:走行173km、給油5.72L(¥789)、燃費30.2km/L [秩父のENEOS]
  2回目:走行200km、給油5.95L(¥922)、燃費33.6km/L [海老名SAのENEOS]
詳細はこちら

(1)厚木PA

 朝6時頃出発。首都高横羽線→横浜新道→保土ヶ谷バイパス→東名高速→圏央道を通り、厚木PAで休憩。

(2)有間ダム

 青海ICで圏央道を下りて、県道44→28→193→221→70→53などを通り有間ダムへ。ダムの上にはバイクが何台か止まっており、コーヒーを飲んでいる人もいた。

(3)鳥居観音

 県道53に戻ったら山の上に観音像が見えたので、上ってみる。参拝道は係員はいないけど有料で、バイクは300円だった。


 かなりの急坂を上っていくと、途中からダートになり、観音像の真下に出る。


 できたのは昭和46年とのこと。


 途中のダート区間から見た観音像。


 山の上に立っている。


 こちらは玄奘三蔵塔。


 三蔵法師の頂骨が分骨されて納められているとのこと。

(4)道の駅ちちぶ

 県道53→国道299で秩父市に入り、給油後、道の駅で休憩。正面に見える削り取られた山肌が武甲山。

(5)旧中津川林道

 国道140→県道210と進み、旧中津川林道の様子を見に行く。通行止めの看板があった。


 少し先にゲートもあったが、鍵はかかっていなかった。ブーツを修理中で、軽装だったこともありここで撤退。この先で崩落があり通行はできないらしい。


 途中にはキャンプ場などもある。

(6)道の駅みとみ

 国道140に戻り、有料の雁坂トンネルを越えて道の駅みとみで休憩。風間深志氏の南極バイクが展示されていた。


 ここで、蕎麦の昼食。


 名物とのことで、五平餅も食べた。

(7)海老名SA

 国道140→広域農道(塩山フルーツライン)→国道20と進み、勝沼ICから中央道へ。途中でバッフルが外れてしまった。ボルトが折れているので応急処置もできず、爆音をまき散らしながら、中央道→圏央道→東名高速と進み、この後は往路と同じルートで帰宅。


 とりあえずノーマルマフラーに戻した。

 装備は上が、エアリズムシャツ、長袖Tシャツ、R&Rのエアスルーパーカーで、下がジオラインタイツにジーンズ。朝はウインドブレーカーを着込んだ。グローブはJRPの革メッシュでブーツはタフギア。朝の気温は20℃ぐらいでけっこう涼しい。日中も山間部は30℃まで上がらなかったようだ。

 久しぶりに天気がよかったので、秩父の方に出かけてみた。ツーリングのバイクもそれなりに見かけた。

カテゴリー: WR250R, ツーリング, 燃費 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です