FMF Q4 Hex の消音化


FMF Q4 Hex は標準のままだと、けっこう「イイ音」がするので、サイレントボム3を装着しているが、それでもけっこう音量があるように思う。もう少し音量を絞ることができないかWebで探してみた。写真のようなφ42のバッフルが装着できそうなので、特に高価でもないし購入してみた。


 ブランドはモーターヘッド(2りんかん?)にしたが、同じようなものは他のブランドでも売っている。材質はスチールにメッキのようだ。


 バッフルは外側からM6のボルトで固定することを想定しているが、元々着いていたスパークアスレター/サイレントボムを固定するM5ボルトで内側から固定。割とぴったり収まっている。

 少し走ってみたが、サイレントボムと比較して、アイドリングはかなり静かになった。また、普通に50~60km/hで走行する分にはかなり音量も低下している。加速中や高速道路など、アクセルを開けるとそれなりに「イイ音」がするが、それでもマシになっているように思う。

 加速などは回転をあまり上げない走り方をすることもあって、サイレントボム装着時との差は感じない。ノーマルマフラーよりはレスポンスがいいように思う。


 テストがてらラフアンドロードに行ったら定休日だったので、風魔プラスワンへ。


 WRはラジエターからの排熱があるので、短パンスタイルだと右膝がやけどしそうになる。そのため、夏でもモトパンを履くことが多くなる。モトパンの下でもアチェルビスのニーシンガードを使っていたが、ちょっと窮屈な感じがしたので、一番安い普通のタイプを買ってきた。


 北京から帰ってきたとき購入したので、4年ほど使ったED-Proのソール。左のステップに当たるところがはがれてきた。ブーツ本体はまだ使えそうなので貼替えかな。

 137km走行して近くのENEOSで4.35L給油。ガソリンは137L/円で燃費は31.5L/kmだった。詳細はこちら

カテゴリー: WR250R, パーツ, バイク用品, 燃費 パーマリンク

FMF Q4 Hex の消音化 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: FMF Q4 Hex の消音化 その2 | WR250Rとツーリングの記録

  2. ピンバック: ED-Proの修理 | WR250Rとツーリングの記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です