スイングアームピボットのブッシュ交換

 最近、特に寒いときに、リアサスを動かすとキコキコという音がするときがあった。スイングアームのピボットにグリスを塗布しても再発していたので、ブッシュを交換することにした。
5XT1010-C200[1]
 交換したのは図の「2」と「3」の部品。
DSC02014.jpg
 問題は2の方のブッシュで、樹脂でサクサクして脆い感じなのに、スイングアームに軽く圧入してあるようだ。叩くと割れそう(実際、外すときに棒で叩き出したが、ボロボロになった)なので、入れ方を考える必要がある。
DSC02006.jpg
 全ネジの長いボルトと角ワッシャを買ってきて、ナットを締め上げることで圧入した。斜めになりそうになったりしたが、何とかきれいに入れることができた。
DSC02009.jpg
 ついでにチェーンもクリーナーで洗浄後、ルブを塗布した。

カテゴリー: Tricker, メンテナンス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です